台湾在住の人が書く日記とか


by horizenryokan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

うつ

あるある大事典は長いので、もっと短くまとめることにしました。著作権を侵害しようとするものでありません。思い出すときに役立つようにというものです。

うつになる過程
(1)自己注目 → (2)自己没入 →(3)軽症うつ病

問題はストレスそのものではなく、その受け止め方、考え方

(1)自己注目 →憂鬱な心の状態
:人間の心の関心をビデオカメラに置き換えてみると、通常、ビデオカメラ(心の関心)は外に向けられている。例えば人物や風景などに向けられている→普通の心の状態。しかし失恋などによってストレスが生まれると、自分の方にビデオカメラ(心の関心)が向けられる。

例:失恋する→悲しんだり、悔やんだりする(ストレス)→あれこれ原因を探しながら落ち込む(考え方)

マイナス思考に陥り、自分を見つめて悩んでしまう。

(2)自己没入
:ビデオカメラ(心の関心)の外への切り替えが出来なくなり、カメラ(心の関心)が自分に固定されてしまった状態。
例:何度も失恋してしまったようなとき

自分の悪い点ばかり探すので、自己概念がどんどんネガティブになってしまう。自己の否定につながる。→うつ病に


なりやすい性格
真面目、几帳面、完璧主義、責任感が強い。
一見優秀と見られやすい人は反面落ち込みやすい、弱い部分も合わせ持っている。

(3)軽症うつ病
軽症うつ病の典型的な症状
・朝起きた時、原因不明の憂うつな気分に襲われ、夕方になるとそれがなぜか解消される。
・普通の憂うつに比べ、憂うつな状態が2週間以上続く。
・夜なかなか眠れない、途中で起きる、朝早く目が覚める。
・休みの日に一人でごろごろしていることが多くなる。など。

うつ病の特徴
絶望感、罪責感!(自分を責める気持ち)。
(普通の憂うつの場合それがどんなに強くても、絶望感、罪責感、あるいは死にたいと思うところまで至ることはない。)そんな気持ちが続いたら、早めに心療内科などに行くこと!うつ病は薬や、カウンセリングなどで治療可能な心の病。

心の疲労回復法
香り
音楽
運動

心のトレーニング法
「心を健康に保つために我々は日常的に無意識にそのためのことをやっている。ところが落ち込むとそれがスムーズに出来なくなり、マイナス思考になったりして、ますます疲れがたまる」
だから、心をトレーニングして、それを取り戻そう。

step1 心の"柔軟性"トレーニング
step2 心の"筋力"トレーニング

(1)サイコロ思考法(考え方の柔軟性)

憂うつな時の思考はどうしても自分中心!カメラを自分に向け、心の柔軟性を失った状態である。

悲観的になった時、別の考え方がないか心の中で反論する。それも一つの反論ではなく色々な面からの反論が役立つ。
例:私は魅力がないんだ → 彼は私の魅力がわかっていないんだ

(2)現実を正しくみつめること(人間関係に入っていく"心の筋力")

ちょっと辛くても、一歩踏み出して現実世界、人間関係の中に入っていくこと。人間関係から逃げると、自分の世界にますます入っていき、現実との距離が出来てしまい、現実の問題を具体的に解決する方向にならない
例:お昼ごはんを誘ってみる
断られたら嫌だな →ダメもとで誘う勇気を持つ
            →誘いやすそうな人からでOK 徐々にでいい

※憂うつな人の近くにいる周りの人の対処法
1.「がんばれ」は禁物
2.ゆっくり話を聞く
3.心のトレーニングを手伝う
例:サイコロ思考法のお手伝い
「私だったらこう考える」と例をだしてアドバイス


その他
1.雨の日になぜ憂鬱になるのか

仮説1/体温調節と快適性
雨の日は汗が蒸発しにくく、体温調節が上手くいかない

体内の化学反応は微妙な体温変化に敏感

体内の化学反応に異常をきたして、憂うつになる
(近畿大学理工学部 人間環境工学研究室 梶井宏修先生)
仮説2/太陽光の減少
<光の刺激の脳内ルート>
内側前脳束(脳内神経の束)→気分変化を左右する
視床下部の室旁核→体調変化を左右する
光はこれらの脳の領域を通るため光が減少すると、
気分や体調に変化をきたし、憂うつになる。
(九州芸術工科大学 生理人類学研究室 安河内朗先生)
しかし、どちらもまだ実証はされていない。

2.女性の方が憂鬱になりやすいというのは本当か

女性が憂うつになる大きな原因の一つに考えられているのが女性ホルモン。生理・妊娠・閉経などによる女性ホルモンの急激な増減、つまりホルモンバランスの崩れが憂うつを引き起こすと言われている。
[PR]
by horizenryokan | 2004-04-26 14:33 | あるあるダイジェスト