台湾在住の人が書く日記とか


by horizenryokan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

オレオレ詐欺

あるあるをまとめました。著作権を侵害するような意図はありません。

引っかかる原因
1.早口 
通常、人が話すスピードは1分間に400語。しかし、オレオレ詐欺の声は、1分間に530語。早口を耳にすると、心拍がそのスピードに合わせて、上がってしまい、交感神経が高まり、体が興奮、脳が混乱してしまう。

2.高いトーン
通常、早口で話す時の声のトーンは150ヘルツ前後。オレオレ詐欺の声では、「事故」「100万円」などの言葉が、200ヘルツを越える高いトーン。耳はボリュームに関係なく、高いトーンの音を敏感に感知し、優先的に脳へ伝える特性がある。サイレンが騒音の中でよく聞こえるのと同じ理屈。

3. 別人がゆっくり話す
本人役にとことん緊張させられた後、別人が登場することがポイント。その話し方は、早口から一変、ゆっくり丁寧な言葉使い。緊張し張り詰めた状態から一気に解放されると、安心感が強く生まれ、信じ込みやすい状態になる。

また、ある実験ではO型、B型がだまされやすいというデータが得られている。


だまされないようにするためには     →ストレスをためない、よく歩く

前頭眼窩野は直感的に「怪しい」という信号を出すうたぐり脳。その働きが良いとダマされにくい。

ストレスに注意
 ストレスが高まると脳の血管が縮み、血流が悪化。うたぐり脳に栄養が送られず働きが弱まってしまう。さらにストレスを感じると、脳は、体を正常化させようと心拍や血圧など生命維持に関わる部分へ血流を集中させる。そのため生命維持に関係のないうたぐり脳は後回しにされ、栄養補給が激減。働きが鈍くなってしまう。

よく歩こう
 子供をだます実験によって、歩く量が多い子供がだまされないことがわかった。足は第2の心臓。筋肉が伸び縮みすると脳へどんどん血流が送られ、うたぐり脳にも栄養が充分に補給される。
[PR]
by horizenryokan | 2004-05-07 12:27 | あるあるダイジェスト